2013年03月03日

暴風雪

130302-01.jpg
すごい吹雪だった・・・(´・ω・`)
なんせ1m先も見えない。。。

動画撮ってみたけど、これはまだ明るいうち・・・
ホントにひどいときには家から出れなかった。。。

翌朝の宿周辺はこんな感じ。。。
130302-02.jpg 130302-04.jpg 130302-05.jpg
130302-06.jpg 130302-07.jpg130302-03.jpg
国道には深いところで膝くらいまでの積雪。
まにあん工房の玄関もドアが半分埋まるくらいの吹き溜まり。
宿前に置いてあったモービルはハンドルしか見えてないし、車もボンネットまで埋まった。

昨日は午前中はいい天気で、暴風雪予報は出てたけど、ホントに来るのかな?って感じやったのが、お昼を過ぎたころから風が強くなってきて、13時半ごろには雪も混じり吹雪に。。。

栄浦の鶴雅リゾートにランチに行ってたスタッフたちは、ランチだけで帰ってきたよっち&スタッフは辛くも帰ってこれたけど、その後お風呂に入ってたお客さんは帰って来れずあえなく鶴雅泊。。。

そのころには周辺は暴風雪で、車に乗ってても1m先も見えない。
ハイビームが照らすわずか先の吹雪と、時折車の真下に見える路肩&センターラインを頼りに、時速15km位のスピードしか出せない状態。。。
道外では珍しい路肩を示す下向き矢印も、真横に来るまで見えない状態で、知ってる道じゃなかったら帰って来れなかった・・・

15時過ぎて周りは更にひどい暴風雪に・・・
すると、数名の人が次々とやってくる・・・
皆、動くに動けず宿を求めて・・・って感じで。。。

こんな日は当然ながら予約の人は誰も来れず部屋も空いていたので、とにかく外にいたら危険なので入ってもらって・・・
したら、時間が経つにつれ、次から次から人がやってくる。

定員一杯になってもどんどん人がやってくるので、非常事態ってことで役場に電話。
浜佐呂間の公民館を空けてもらって避難所に。

その時点でうちには25人の避難者が・・・
お客さんが自ら部屋移動してくれて、なんとか25人を収容できたけど、旭川の学生さん10人組なんか4人部屋に10人で入ってくれた・・・ありがとう!

最初は普通に夕飯も出して・・・と思ってたけど、突然25人の準備は無理!ってことで、急遽夕飯は避難食としてカレーを作ることに・・・
それでもできたの20時過ぎてて、皆さんごめんなさい。。。でした。

なんとか夕飯出せてほっとしてたら、役場から除雪車2台に先導され2時間かけてやってきた非常食が届いた!(゚д゚)!
130302-09.jpg
うち、避難所だったんだ・・・汗

朝になって被害状況を見て回ったら・・・イプサムは昨日の吹雪であぼん。。。
130302-12.jpg 130302-10.jpg
ハイエースも・・・助手席の窓1cm開いてた・・・〜( ̄▽ ̄;)〜

ま、とにもかくにも、みんな無事に一夜を過ごせてよかったです。
報道ではあちこちで被災した方々がいたとか・・・
不運にも犠牲になられた方も・・・

心からお悔やみ申しあげます。

9年前にも100年に1度って言われた暴風雪があり、3日間浜佐呂間は孤立しましたが、今回は1晩だけだったけど、あの時の吹雪よりも数段酷かった感じです。
100年に1度が10年目に来たって感じでした。。。( ̄□ ̄;)!!

冬の暴風雪・・・北海道にとっては津波よりも雪災害に対する備えの方が重要かも・・・と思った一夜でした。
posted by shipman at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | ひとりごと。。。
この記事へのコメント
2月に宿泊させていただき、流氷を見に連れて行ってもらった者です。

あの景色がこんなになるんですね....これは酷い。
我が故郷鳥取も、3年前に災害レベルの降雪がありました。
12月の積雪でこの冬はどうなる事かと思いましたが、3月にもヤマが来ましたね....。

Posted by ゲイビアル at 2013年03月14日 16:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63695763
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック